刀剣界新聞

 

六月十二日、東京美術倶楽部に経済産業省生活製品課の担当者を招き「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律の一部を改正する法律」いわゆる「種の保存法」の一部改正についての説明懇談会を開催した。これは改正案の国会通過、公布を機に、以前より象牙等の管理制度の周知で協力してきた当組合へ同省から今回も周知の依頼があり、それを受けたものであった。種の保存法における象牙部分の改正の背景を確認すると、次の通りである。