大刀剣市 終了いたいました
ご来場ありがとうございました
来年もお待ちしています

ご あ い さ つ

fukami

全国刀剣商業協同組合
理事長 深海信彦

全国刀剣商業協同組合
理事長 深 海 信 彦

 

  全国の刀屋さんが集まって作った組合が「全国刀剣商業協同組合」です。刀剣を生業とする人たちが、互いに助け合って事業の向上と社会的地位の確立を目指して、昭和62年9月に設立したものです。
 

  全国にはさまざまな組合があり、主管庁を経済産業省とする特別民間法人の中小企業団体中央会(以下、中央会)は日本中に存在する大小の公的組合の約70%を組織化しています。これに会員として加入している組合は四百数十社あり、このうち約270社が私たちの組合と同じ事業協同組合です。日本中の中小企業の経営者は、私たちと同じく、業界を何とか発展させ自分たちの利益が向上することを願って組合作りに取り組むのですが、国に設立を認可させるためにはその事業の目的が、国土交通省、農林水産省、厚生労働省をはじめとする行政庁の施策に適うものでなければ認められず、設立するにしても、また維持するにしても、大きな努力が必要とされるのです。
 
  私たちの組合も、設立相談の段階において、各行政庁の認可要件に詳しい中央会の担当者から「国の認可を得るのは非常に難しいが、それを継続するのはさらに難しい。設立を達成する組合と同じ数くらい解散する組合があります」と言われました。

 

  その言葉を裏付けるかのように、令和元年の今日、中央会が統計を取り始めた奇しくも昭和62年度からの32年間で、現在まで存続している国が認可した270の事業協同組合中、当組合はなんと8番目に古い組合となっているのです。当組合より長く継続している組合は、「全国医師協同組合連合会」「全国菓子工業組合連合会」「全国紙器段ボール箱工業組合連合会」他の7団体しか存続していないのです。離合集散の理由はさまざまでしょうが、要するに創設時のエネルギーと情熱、そして必要性が何十年も続かないということでありましょう。...

続きはこちら

お知らせ

刀剣界新聞

no45
 
no44
 

刀剣類の評価鑑定をご希望なら

全国刀剣商業協同組合(内閣総理大臣認可)では、全国より刀剣類の評価鑑定を受け付けております。日本全国の刀剣商による組合が行う評価鑑定なので、信頼性が違います。本数が多く郵送が難しい方には訪問での評価鑑定の方法もございます。
  • 持 込
  • 訪 問
  • 郵 送
         

銃砲刀剣類登録証はありますか?

評価鑑定をご希望される刀剣類に「銃砲刀剣類登録証」が必ず付随している事をご確認の上、電話かFAX、メールフォームにて予約をしてください。  
 

関連リンク